旅ニュージー.COM

植田様 第3日目 その2 ダニーデン駅で再度SLに遭遇!

植田様 ペンギン三昧の旅、第3日目リポートの続きです。

10月27日 第3日目
<行程>
午前 オアマル出発。モエラキボルダーの球状の奇岩を観察。
午後 オタゴ半島のペンギンプレイスへ。
夕刻 ダニーデンを南下しサザンシーニックルートを通ってカカポイントへ。カカポイントでペンギン観察。

モエラキボルダーの丸い石を見た後はダニーデンへ。
市内観光らしきものはせず、オクタゴンと鉄道おたくガイド推奨のダニーデン駅をちらっと見てからオタゴ半島へイエローアイドペンギンを見に行きます。
ところが、ダニーデン駅へ近付くと何やら物々しい様子。ホームには人だかり・・・で何やら煙が・・・あれっ?ここでも蒸気機関車?

そうなんです。どうやらLabour Dayということで休日スペシャル運行みたいなことやってたみたいです。
おぉ〜なんてラッキーなんでしょ♪

DSC09140
▲普段、タイエリ鉄道が一日1〜2往復と貨物列車が停まる程度の駅なのですが、今日はこの蒸気機関車が運行されるからでしょうか家族連れや旅行者で大賑わいでした。

DSC09145
▲子供からお姉さん、お兄さん、おばちゃん、お爺ちゃんまでみんな興味津々で見ていました。

DSC09144
▲Hillside Engineering製造のJA1240型機。愛称は”JESSICA” Hillside Engineeringは1901年設立の鉄道車両建造専門会社でしたが2012年に幾つかの部門がオーストラリアの会社に売却された後に封鎖となりました。

DSC09143
▲発車です。ボイラーやら色んな所から漏れ出すシューという蒸気音がとにかく凄かったです。動き出す瞬間を間近で見てしまえば、きっと蒸気機関車中毒になってしまうんだろうなぁと思いました。

DSC09149
▲煙をあげながら走り去っていく列車。なんとも哀愁があっていいですねぇ。

DSC09162
▲1906年開業のダニーデン駅 ニュージーランドで一番古くて立派な駅です。

DSC09159
▲駅2階にある通路にはこのようなステンドグラスも。

DSC09156
▲改札口の床のタイル。

DSC09152
改札口。今は奥の方にある一カ所のみ。ちなみにここでタイエリ峡谷鉄道の乗車受付をします。

java_area_5-nointro
▲タイエリ鉄道。オタゴ地方の峡谷美を満喫できる素晴らしい列車の旅です。

鉄オタでもない植田様もダニーデン駅で見た蒸気機関車の迫力に感動されていたようでした。
でも、オアマル到着日からどういうわけか”鉄オタの旅”のような様相を呈してきたような・・・でも、本命はあくまでもペンギン観察ですからね、ということで、蒸気機関車見学もそこそこにして早めの昼食を取りにオクタゴンへと向かったのでした。

続く

tabinz_logo ニュージーランド旅行をお考えですか?ウェブはこちらから♪      


にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ お忙しいところポチってくださり本当に有り難うございます!  

 電車の中で、トイレ中に、仕事中に、飲みの合間にブログ読んでくださって有り難うございます。