旅ニュージー.COM

世界で最も厳しい仕事

こんばんは。
いつの時代も、どこの国でも、 母というものは偉大だなと思う旅ニュージー.COMの吉村です。

今日はアメリカのポストカード会社American Greetingsが制作したある動画を紹介したいと思います。
ネットしてて偶然見つけたんだけども、すでにroomieで動画の日本語訳が出されていたので、そのまま転載させて頂きます。

〜以下、転載開始〜

【 世界で一番厳しい仕事は何か知ってる? 】
 

とあるアメリカ企業が架空の仕事をつくり、新聞やインターネットなどで人材募集をしました。役職の名前は「Director of Operation(運営ディレクター)」。

そして興味を持って応募してきた人たちと実際にビデオチャットを通じて就職面接をします。

真面目に面接官の説明に耳を傾ける応募者。この役職がかなり過酷な仕事であることが淡々と説明されます。

mum01

 

週135時間以上の勤務で、常に立ちっぱなし。あらゆる分野での知識と経験が求められ、特に医学・ファイナンス・調理の学位を持っていることが望ましい、と伝えられる応募者たち。

mum02
 

あまりに過酷な条件に、応募者達は耳を疑います。さらに信じられない勤務条件が続きます。休暇は無し、クリスマスや年末年始には普段にも増して労働時間が増えます。

応募者はどう反応して良いかも分かりません。ビデオを見ている私たちも「一体どんな仕事なんだろう?」と想像を膨らませます。 
 

「それって違法じゃないんですか?」

「全く違法じゃありません」

「休憩はあるんですよね?」

「ありません」
 
mum04

 

こんなやり取りが応募者と面接官の間で交わされます。そして給与について伝えられます。 
 

「この役職には一切給料が払われません」

「給料無し?」

「無しです」
 

これを聞いて応募者たちは唖然としてします。

mum03

mum05

「タダでそんな仕事誰もしないわよ!」と言うと面接官が言います。

 

「そんなことないです。世界中にこの仕事を毎日こなしている人が、何千万人、何億人もいますよ」

「誰ですか?」
 

そこで面接官がこの職業を明かします。

「お母さんです」

それを聞いた応募者たちの顔には、ショック、納得、そして笑顔と涙が浮かびます。

mum06

 

実はこれはポストカード会社American Greetingsが、母の日のキャンペーンとして制作したドッキリ企画。お母さんという仕事がどれだけ過酷か、改めて思い出させてくれます。

企画の内容を説明された後、自分の母親へのメッセージを語る応募者たち。
 

「お母さんありがとう。いつも感謝しているよ。全然そうは見えないかもしれないけど、本当に私は感謝しています」

自分の母親の苦労を思い、涙で言葉が切れてしまう応募者たち。American Greetings社が制作したこちらのキャンペーン・ビデオ、是非ご自身でご覧下さい。

〜以上、転載終わり〜


▲英語だけど、一度日本語の記事を読んでから見ると理解できると思います。僕は3:01~02の男性の表情が凄く印象的でした。一瞬、遠方にいてずっと会えない母親の顔を思い浮かべるような・・・

う〜ん・・・なんか色々とおかんのこと考えてしまった。

おかん、いつも有り難うね。

 電車の中で、トイレ中に、仕事中に、飲みの合間にブログ読んでくださって有り難うございます。 


にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ お忙しいところポチってくださり本当に有り難うございます!    


tabinz_logo ニュージーランド旅行をお考えですか?ウェブはこちらから♪