旅ニュージー.COM

トラムジャンクション周辺

こんばんは。
歴史というものは勝者の都合の良いお話もあると信じて疑わない旅ニュージー.COMの吉村です。

さて、今日はWaitangi Day(ワイタンギデー)でした。ニュージーランドの建国記念日ですね。
マオリ民族は9〜10世紀にポリネシア諸島からカヌーに乗って移り住んできたと言われています。一方で、イギリス海軍の元潜水艦長であるゲヴィン・メンジースが書いた“1421”によると、マオリ民族がポリネシアから渡ってくるよりも早く中国系民族(もっともマオリ民族を含むポリネシアンも中国南方系の民族ですが)はニュージーランドの地に到達し幾つかの地でコミュニティを形成していた、という説もあります。この書籍が販売されると世界中の考古学者らから感情的な反論や中傷が著者に対して投げつけられたといいます。その中で最も敏感にそしてアグレッシブに反論したのがニュージーランドのマオリ系学者らしいです。

なるほど、今なおニュージーランド政府からの手厚い保護を享受するマオリ民族としては、自分たちのアイデンティティーを根底から覆され、アボリジニのような末路が待ち受けるかもしれない・・・そこまでの破壊力を持つ彼のこの「暴論」は絶対に認めるわけにはいかないということでしょう。

まっ、歴史ってそんなもんです。為政者にとって都合の悪いお話は揉み消されて・・・何もなかったことになるわけですね。もっとも、同じようなことは今この世界中のあちこちで起こってるわけで。

あらら、なんかちょっと固い話になってしまいましたけど、ワイタンギデーですからね、たまにはこんな話もいいかな。

で、そーんな休日に夕方ぷらっと用事がてらにクライストチャーチのトラムジャンクション周辺まで歩いて行ってみました。

DSC03972
▲New Regent Street 久し振りにここを走るトラム(路面電車)を見たよ。

DSC04002
▲New Regent Streetの直ぐとなりに移ってきたIntercity Coach Lineのバス停留所。クライストチャーチ中心部にもっと旅行客を、ということですね。

DSC03992
▲Mrs Higginsのクッキーも戻ってきた!ここのはちょっと甘いです。嫌いじゃないけど、Cookie Timeの
方が美味しいもんねー♬

DSC03974
▲前から気になってるバー。2階席もオープンしたようです。

DSC03988
▲ジャンクションの中。ぽつぽつとお店が戻ってきてました。

DSC03984
以前はGloucester Streetにあったスイス料理のお店。今日は閑古鳥が鳴いてましたが・・・

DSC03982
▲ここにあったカフェも復活してるみたい。今度行ってみよっと。

DSC03969
▲ちょっと足を伸ばしてColombo streetとHereford Streetのあたりまで。向こうの方に伸びるは路面電車の線路。結局、この路線が開業する前に地震が発生してしまい、いつまたここに電車が走るのかは不明。

ん〜、どの写真もなんか人があまりいなくて寂しいね。でも、これ夕方の7時くらいだったし、今日は休日ということもあると思う。ふだんはもっと賑わってるんだから。(と、ちょっとムキに)

明日は早朝の空港送迎、そしてお昼前からほぼ100%の付き合いゴルフという予定。(おいおい、いいのか、そんなこと言って? えー・・・だってほんまですもん。)

 クライストチャーチ変わってしまったけど懐かしいなと思った方はクリック! 


にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ 震災前のクライストチャーチは知らないけど行ってみたいな♪    


tabinz_logo ニュージーランド旅行をお考えですか?ウェブはこちらから♪