旅ニュージー.COM

The Empanada Kitchen

おはようございます。
英語圏の人間がどこでビジネスをするかって時によく使う”Location, Location, Location”とはよく言ったなぁと思う旅ニュージー.COMの吉村です。

さて、今日はクイーンズタウンにあるユニークなお店の紹介です。
南米の肉などを包み込んだパン(まぁ、ニュージーランドでいうミートパイ)でエンパナーダというのがあるのですが、南米系移民の増えているクイーンズタウンでこのラテンの香りのするミートパイを販売するお店が登場!

ところが・・・

いや、その前にお店の紹介を先に・・・

IMG_5595
▲「セニョール、写真撮ってもいい〜?」と聞くと、ニコニコ顔でええよって言ってくれました。

IMG_5593
▲どれも同じように見えるけど、キャビネットの横にはちゃんとそれぞれのエンパナーダの違いが説明されてました。

これだけ見ればちょっと試してみようかなって思うんですけどねぇ・・・

しかし、だ・・・。

なーんでお店が公衆トイレの建物の中にあるのさー? 

IMG_5594
▲なんと公衆トイレの建物の中の小さな空きスペースを使ってます。両側にベンチがあってその両横がトイレの入り口。
(; ̄Д ̄) うー・・・なんちゅう場所にお店を・・・

“SIMPLE THINGS DONE WELL”と書いてある。うんうん、それには同意するけども、場所が悪くないかなぁ?
せっかくニュージーランド初(?)のエンパナーダのお店がトイレの建物の中にあるって・・・これは能天気なラティーノのなせる技なんでしょうか??

カビの生えた食パンや虫の入ったスープでも全く平気な僕ですが、これはちょっと駄目だな。うん、パス。

場所が悪いよー、場所が。ね、言うでしょ、”LOCATION, LOCATION, LOCATION”って。

ということでラティーノの陽気さが仇になってしまってこのお店が潰れてしまわないか心配な僕なのでした。

 場所なんか関係ないもん思った気丈な方はクリック! 

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ あかんわ、これは絶対にあかんと思った方はクリック!