旅ニュージー.COM

15歳が経営するジェラートアイス屋さん

おはようございます。
ホーキーポーキーよりもスパイシーアップルクランブルこそがニュージーランドを代表するアイスクリームだと信じて疑わない旅ニュージー.COMの吉村です。

さて、クライストチャーチのニューリージェントストリート(New Regent Street)では15歳の青年がジェラートアイス屋さんを営業を始めてちょっとした話題になっています。

彼の名はJed Joyceくん。クライストチャーチ市内の短大生でまだ15歳という若さ。今年、こつこつと貯めたお小遣いを元に銀行でローンを組んで移動式ジェラートアイス店舗を製作したそうです。斬新なオレンジカラーの店舗など全て彼のデザインによるもの。

自動車免許を持っていない為、自宅から現場までの店舗の移動は母親の車に頼らなければいけませんが、そこからは彼一人ですべてを仕切ります。

regentice
▲ジェッド・ジョイス(Jed Joyce)君と移動式ジェラートアイス店舗 ~The Pressより転載 

販売しているジェラートは全部で4種類。

リアル・ジンジャービール
ザクロ
マシュマロ
イタリアンホーキーポーキー

原材料は有機ミルクを使用。グルテンなし卵なしなので子供から大人まで安心して食べられるジェラートだということです。

ジェッド君曰く、

“You can’t buy happiness, but you can buy gelato and that’s pretty much the same thing.”
(お金で幸せは買えないけど、ジェラートなら買えるよ。それにジェラート買うのって幸せを買うのと同じようなもんじゃない。)

そして、彼のゴールはジェラートアイス屋さんお金儲けではなくて、来年のクリスマスに予定しているベトナムへの修学旅行費用の捻出だそうです。偉いなぁ・・・。

Rollickin’ Gelato

場所:New Regent Street
営業日:晴れた日(朝10時〜夕方5時くらい・・・たぶん)

 今度街中で見かけたら食べてみよっと思った方はクリック! 

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ ザクロ味のジェラートが気になって仕方ないと思った方はクリック!