旅ニュージー.COM

生まれ変わるクライストチャーチ

こんにちは。
11月も2日で終わりです。夏がやってくるなぁと思ったら、ふと、「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」という持統天皇の句が浮かんだ旅ニュージー.COMの吉村です。

初夏だというのに今日はどんよりと曇って肌寒い(セーターが必要なくらい)クライストチャーチです。

さーて、今日はクライストチャーチ中心部(大聖堂)付近の航空写真を紹介しますね。
2011年2月の震災から来年で2年になります。
地盤が緩く被害の大きかった大聖堂付近では今でも大きなビルの解体作業が行われています。

写真下のちょうど真ん中にあるのが大聖堂です。尖塔は倒壊してありませんが木造部分がまだ残っているのが見えます。

右下に追憶の橋があり、その上がCashel Streetのショッピングモールだったエリアです。今では、Re:STARTと呼ばれる一風変わったコンテナ店舗が立ち並ぶショッピングエリアに生まれ変わっています。ロンリープラネット誌やTrip Advisor等の旅行ガイド媒体による紹介もあり、欧米旅行者の間では急速に知名度が上がってきています。

しかし、改めて街の上空写真を見てみると、クライストチャーチ中心部は本当に変わってしまったなぁと思います。これからも500軒以上の建物が取り壊されるということなので、来年の中頃には大聖堂の周りには広大な更地が出現するのでしょうねぇ。

73882_306740519438818_1761610284_n
 ▲今、クライストチャーチ中心部を訪れることの意味があるとすれば、それは古い街が壊れていく様と新しい都市の形が試行錯誤されながら提案されていくところを同時進行で見られることだと思います。

tabinz_logoニュージーランド旅行をお考えですか?

i_facebook  Facebookページはこちら

  ランキング参加してます。応援よろしくお願いします! (^o^)/  

にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へランキング参加してます。応援ありがとうございます (・∀・)!!