旅ニュージー.COM

石田様ご夫妻(4/23~25) その5 

4/24(火)

さぁ 今日の予定は・・・

【行程】
朝 フッカーヴァレー散策
昼 テカポ湖で教会訪問後、専用車で周辺ドライブ
夜 ホテル帰着

日程表にはこれくらいしか書かないので、これだけ読むとなんかつまんない感じがするかもしれないですが、そこはお客様のご希望次第でとっても楽しい一日になっちゃいます!
もっとも強風や大雨等の悪天候時はホテル内で過ごすしかないって事もあります。でも、そんな日でも不満の捌け口を決してガイドに向けないよう重ねてお願い申し上げます。(笑) 

お客様、お天気が悪いのは・・・お客様の日頃の行いが悪いからです。」※

なーんて事は口が裂けても言えない。
※ここ笑うとこです。

さて、冗談はさておき。上の日程表をもう少し詳しくするとこんな感じです。

【実際の非常に詳しい行程】
7:30 集合時間前に「寝坊しちゃいました、出発8時でお願いします(ニコっ!)」
8:00 専用車なので待ってるのはガイドだけ。他のお客さんを気にする必要もないので楽ちん。
8:15 ガイドと観光とは全く関係のないおしゃべりしながらフッカーヴァレートラック入口の駐車場へ
8:30 ルートを軽く説明してお二人だけでフッカーヴァレーを歩きます。
9:30 マウントクックやら氷河を眺めながら散歩。
11:00 テカポ湖の「善き羊飼いの教会」へ向けて出発!
12:00 教会着。はい、はい、お二人だけでどうぞいちゃついて下さい♡
13:00 氷河の溶け水で育ったキングサーモンのお刺身と切り身を調達!
14:00 川原で”この景色は私達だけのものよ!”的な場所でお昼ご飯。
14:30 ドライバーガイド兼シェフがお客様の為にサーモンソテーを調理してサーブ。
15:00 ニュージーランド南島の大自然を堪能しながらビールで乾杯!カプシュッ、ぐびぐび。
16:00 食後のお皿洗いはお客様のお仕事です。えっ?!聞いてないですって。日程表ご覧下さいw
17:00 ホテル帰着

こんな感じです。

——————————————————————————————

【ホテル〜フッカーヴァレートラック】
朝、目が覚めて窓の外を見てみるとピカーンって感じで雲一つない快晴。
相変わらずなんてついてる幸運なお客様。
石田さん、いつもこんなお天気だと思わないでくださいね♪ 3日滞在してずっと雲の中ってお客様もいますから。

ホテルからフッカーヴァレートラック入口の駐車場まで移動開始。
5分ほどで到着。
ここからは石田様ご夫妻だけで歩いていって頂きます。第2の吊り橋まで行って戻ってくるという行程で時間にして2時間くらい。今日は風もないし暖かいし爽やかな散策を楽しんできてください。
時期的にはもうマウントクック・リリーだとか花は見られないですが、何より繁忙期を外してるので人も少なく落ち着いて歩くことが出来るし騒がしくなくて良いです。

IMG_5209
▲マウントセフトン

【フッカーヴァレートラック〜テカポ湖】
たっぷり2時間半ほど歩いて気分も爽快!でも、ここでゆっくりしてる暇はありません。今日はあちこち回ってあれもこれものてんこ盛りな日です。お手洗いの後、直ぐに出発!
でも、マウントクック空港のスキープレーンは見せておかないとまずいだろう。だって、氷河に降りられるあの飛行機(写真下、お客様の後)はピラタス・ポーターと言って、スイスのピラタス社で製造された短距離離着陸能力に非常に優れた航空機なんだから。あのF1の小林可夢偉選手が所属するザウバーチームの社有機もピラタス社のPC-12という機体なんだしぃ・・・。
ピラタス エアクラフト/Pilatus Aircraft
ザウバーF1チームカラーのピラタスPC-12
かつてピラタス社が製造していた曲技用グライダー

P1020257
▲マウントクック空港にてパシャリ。後ろはピラタス・ポーター

写真を撮ってると遊覧飛行のスタッフの女性が近付いてきて猛烈なセールストークを開始!
絶好のお天気なのは分ってるよぉ〜
でも、お二人はこの後フォックス氷河でヘリハイクやるの。
なので遊覧飛行はいいよ。ごめんねー。

そしてマウントクック空港を後にしてテカポ湖へ到着!昨日は教会の中にも入れなかったし、中国からの観光客いっぱいでここがニュージーランドだということを忘れてしまいそうな感じだったので、今日こそはニュージーランド南島のテカポ湖の落ち着いた雰囲気を味わってくださいね!写真下は
絵はがきスポット。よくガイドブックやポスターで見られる写真はこの辺から撮影されています。

IMG_5223
▲テカポ湖の善き羊飼いの教会

この後の川原でのお食事の模様はまた次回。

続く