旅ニュージー.COM

デュアスロンに参加しました!その2

2月23日の夕刻、デュアスロンに申し込んだことをトムに報告すると、彼からも携帯に返事が来ました。

「やったね!僕もランニングの練習始めなきゃ。ところで、場所はどこ?」 

 (゚∇゚ ;)エッ!? トム、自分で勧めておきながら場所知らんかったん・・・?

それに、本番まで1週間ちょっとしかないけど。若くて爽やかで天然ボケの入ってるトム、好きやわ。

さて、その日の夜に彼からトレーニングへの指示がありました。
1. 有酸素運動を多くすること。
2.本番3日前からトレーニングはしないこと。 
3.トレーニング前後のストレッチを入念にすること。 
4.本番と同じ距離をトレッドミルとかでもいいからやること。 

ふんふん、1番は普段からやってるから問題なし。2番も楽勝。3番、これも大丈夫。問題は、4番 ・・・これやな。ラン3km、自転車26km、それにランをまた6km・・・ ( ̄ヘ ̄;)ウーン 
という訳で指示をもらった後、すぐにジムに行って4番の同じ距離をやってみることにしました。

額にうっすらと汗をかく程度の速さで走って体力を温存しながら、最初の3kmは軽~く終了。

そして、自転車トレーニング開始! 

気合を入れてフォームを決めてテンポ良くこぐ、こぐ、こぐ。 ツール・ド・フランスの選手のように風のように疾走する姿がオーバーラップ(笑)。
「ふぅー、けっこう走ったかな?」と思って距離計を見ると、なんとまだ2kmちょっと。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
26kmってひょっとしてめっちゃ長距離?走れるかな?という不安が・・・ 。いやいや、時速26kmで走れば1時間で済む話やん。時速52kmやったら30分かぁ・・・・アイアンマンレースは150km走るっていう話やん・・・・(ぶつぶつ)

ようやく5.2km。5分の1が終了。まずまず。

8km過ぎくらいからフォームが悪いのかお尻が痛くなってきた。ポジションを変えたり、立ってこいだり・・・。

汗が顔から腕から足から吹き出すので数分ごとにタオルで拭く。ペットボトルの水もすごい勢いでなくなっていく。
ふと、「お腹空いたなぁ」と思ったら急激になにか食べたい衝動に。確か、バッグの中にエナジーバーか何かが入ってたはず。でも、今ここで止まったら緊張の糸が切れてうちに帰りそうな気がしたので、何とか我慢してこぎ続けたのでした。

20km過ぎ・・・。めっちゃしんどいねんけど?まだ20km?後、6kmもあるやん。

21km・・・。ふー、ふー、ふー、残り5km

21.5km・・・。えっ!?あれから500mしか走ってへんの?メーター壊れてんちゃう?

22km・・・。よし、曲をロッキーのテーマソングに変えてブーストアップだ!!

22~25km・・・。(シャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリシャリ)←自転車こぐ音

26km・・・。ゴォーーーーールっ!!26kmってこんなに長いん?ってこれから6kmも走れるんかな、俺?

自転車終了時点でもう足がふらふら。とにかくペットボトルの水を補給して残り6kmのランを終わらせなければ。そしてトレッドミルに移動しラン開始。最初の3kmよりも更に遅い6km/hという早歩き並のスピードで走る。このままなら何とかフィニッシュ出来るかなと思いながら2kmほど走ったところで左ふとももに異変が・・・。マズイ。

足がつりそう・・・。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

でも、後4km弱やん。ここまできたら完走目指すでぇ~!ロッキーのテーマソングで再度ブーストアァ~ップ!!
しかし、残り3kmを切った時点で右太ももがギブアップ。これ以上やると本番無理やし。泣く泣く終了。

レース3日前に再度同じ距離を挑戦するもまたもや残り2kmでリタイア。

 「練習で完走できなくて本番走り切れるわけないやん!」という不安を覚えながら、インスタントのお味噌汁(ほうれん草とあげ)を入れたお椀を持ったまま、台所の流しの前に立ち尽くすのでありました。 

続く