旅ニュージー.COM

ミルフォード&ルートバーントラック踏破 の旅

世界自然遺産マウントクックの雄大な大自然を満喫!あのハミテージホテルで昼食! プカキ湖やテカポ湖などの美しい氷河湖を観光!

ツアーのポイント

  • 世界で最も美しいと称されるミルフォードトラックと渓谷美が楽しめるルートバーントラックの両方を歩きます!
  • ワカティプ湖畔の美しい街クイーンズタウンに宿泊!
  • 空港送迎サービス付き!
  • 往復国際航空券はお客様ご希望の航空会社便を手配。もちろん、お客様ご自身にて手配して頂くことも可能です!

行程

1日目 / 出国
お客様または弊社手配便にて成田よりご出発。 ☆福岡、大阪、名古屋等からアジア系航空会社利用も可能です。お問い合わせください。
2日目 / ニュージーランド到着!

【午前】 オークランド空港にて国内線乗り継ぎクイーンズタウンへ移動。 クイーンズタウン空港では係員がお待ちしております。市内を簡単にご案内した後、ホテルへチェックインとなります。

【夕刻】 トレッキング説明会に参加。午後5時よりThe Station Building内のUltimate Hikes社オフィスにてトレッキング説明会(日本語)に参加します。 ※ご夕食は、現地スタッフお勧めのレストランをご予約致します。

【宿泊】 クイーンズタウン

朝食× 昼食× 夕食×

3日目 / ミルフォードトラック第1日目

【午前】 午前8時30分、専用バスにてテアナウへ移動。

【午後】 テアナウ・ダウンズから船に乗り、テアナウ湖の北端部へ異動します。桟橋を降りてから少し歩き、歴史あるグレイドハウスに到着します。ロッジにチェックインしてからは集合写真を撮ったりアフタヌーンティーをお楽しみ頂きます。その後、ガイドがロッジ周辺の軽い散策にご案内いたします。

【歩行距離】1.6km

【歩行時間】20分

【宿泊】 グレイドハウス泊

朝食○ 昼食○ 夕食○

4日目 / ミルフォードトラック第2日目

【終日】 クリントン川にかかる吊り橋を渡り川上に向かって谷を進みます。きらきらと輝くブナの原生林を歩きヒレレ滝のシェルターで昼食となります。ブナの森を抜けると氷河に削られたクリントン峡谷を見渡すことができます。そこから少し上がるとポンポローナロッジに到着です。

【歩行距離】16km

【歩行時間】5~7時間

【宿泊】 ポンポローナロッジ泊

朝食○ 昼食○ 夕食○

5日目 / ミルフォードトラック第3日目

【終日】 全行程中で最も体力を要する日です。特に天候がすぐれない時は気を引き締めて臨みましょう。クリントン渓谷の最も奥に位置するミンタロ湖を過ぎると、峠越えのジグザグ道が始まります。眺めを楽しみながら、ゆっくりと進んでいきましょう。マッキンノン峠まで登ると、そこにたどり着いた人にしか見られない、すばらしいパノラマが広がります。ランチはパス・ハットでとります。岩がちな道を下ってアーサー渓谷に入り、クィンティン・ロッジに着いたら、熱いお茶が待っています。一息ついたら、世界第5位の落差を誇るサザーランド滝まで往復90分の散策に出かけてもよいでしょう。

【歩行距離】15km

【歩行時間】6~8時間

【宿泊】 クィンティンロッジ泊

朝食○ 昼食○ 夕食○

6日目 / ミルフォードトラック第4日目

【終日】アーサー渓谷を下りマッケイ滝やベル・ロックを経てジャイアント・ゲート滝へ歩を進めます。ここで昼食を取ります。エイダ湖沿いを歩きシダの原生林を抜けて終点のサンドフライポイントへ。
小型ボートで対岸に渡りミルフォードサウンドにあるマイターピークロッジに到着。ロッジからはミルフォードサウンドの雄大な景観をお楽しみ頂けます。夜は参加者全員で夕食を共にします。

【歩行距離】21km

【歩行時間】6~8時間

【宿泊】 マイターピークロッジ泊

朝食○ 昼食○ 夕食○

7日目 / ミルフォードサウンド→テアナウへ移動

【午前】 マイターピークロッジにて朝食を取った後、ミルフォードサウンド湾内を周遊するクルーズに乗船します。下船後、フィヨルドランド国立公園内をバスでテアナウへ移動します。

【午後】 ホテルチェックイン後はフリータイム。テアナウ湖畔散策などでのんびりとお過ごしください。

【歩行距離】0km

【歩行時間】0時間

【宿泊】 クイーンズタウン泊

朝食○ 昼食○ 夕食×

8日目 / ルートバーントラック第1日目

【終日】 デバイド~キーサミット Ultimate Hikes社のあるThe Stationから専用バスでディバイド峠へ。途中、テアナウでモーニングティーの休憩を挟み、美しい景観の中、ミルフォード・ロードのディバイドへと向かいます。ディバイドからは幅にゆとりがあるよく整備された上り坂を歩きます。ご希望の方は、キー・サミットの頂上まで行くことができます。高山植物の中で腰を下ろすと、眼下に3つの渓谷が見えます。それぞれの谷に流れる川は、3つの異なる海岸線へと流れていきます。 その後下りに入りハウデン湖まで行くと、ハットがあります。ここで温かいお飲み物とともにピクニックランチをお楽しみいただきます。その後、再び歩き始めると銀ブナの茂る森の中のゆるやかな上りが続きます。雨の日はエアランド滝の迫力ある姿を見ることができます。ホリフォード渓谷と氷雪に覆われたダーラン山脈の眺望を見渡したら、マッケンジー湖のほとりにあるロッジまで下っていきます。

【宿泊】 レイクマッケンジーロッジ泊

朝食○昼食○夕食○

9日目 / ルートバーントラック第2日目

【終日】 苔むした太古の原生林を後にして、デイジーやキンポウゲ、リンドウ、エーデルワイスといった高山植物の世界に入ります。ホリフォード渓谷の向こうには、美しいダーラン山脈が連なっています。そのずっと先には、タスマン海に面したマーティンズ・ベイがあります。ハリス・サドルでランチをとった後、コニカル・ヒルに登ると、周囲の山々の頂を一望することができます。ハリス湖周辺を過ぎると下り坂になり、ルートバーン渓谷に入ります。標高の高い盆地から見上げると、切り立った山々に囲まれていることがよくわかります。最後の宿泊はルートバーン・フォールズ・ロッジです。美しい環境に恵まれた豪華なロッジで、ディナーを堪能してください。

【宿泊】 ルートバーンフォールズ泊

朝食○昼食○夕食○

10日目 / ルートバーントラック第3日目

【終日】 いよいよトレッキング最終日です。滝周辺のドラマチックな景観を満喫してから、ルートバーン・フラットの草原へ下りていきます。ガイドの案内で美しい野原を通り、この上なく深い緑色をした池のほとりでピクニックをします。トラックは川沿いに続きます。勢いよく流れる川が壮大な峡谷にさしかかると、ザ・サンプと呼ばれる辺りで岩場に流れ落ちていくのが見られます。その先は平坦なブナの森で、やがて道路の行き止まりに出ます。クィーンズタウンまではバスでお送りします。途中、グレノーキーという小さな町に立ち寄ります。

【宿泊】クイーンズタウン泊

朝食○昼食○夕食×

11日目 / ご帰国。お疲れ様でした!

【早朝または朝】宿泊先までタクシーがお迎えにあがり空港までお送りいたします。

朝食×昼食×夕食×

時間帯の目安

【早朝】 【朝】 【午前】 【午後】 【夕刻】 【夜】 【深夜】
4:00~6:00 8:00~12:00 8:00~12:00 12:00~16:00 16:00~18:00 18:00~22:00 22:00~4:00

ツアー料金

期間/A 期間/B
スタンダード ミルフォードトラックは相部屋 34万6,800円 38万2,800円
個室・ツイン ミルフォードトラックはプライベートツイン 39万0,000円 42万6,000円
個室・ダブル ミルフォードトラックはプライベートダブル 39万0,000円 42万6,000円
一人部屋利用 ミルフォードトラックはプライベートの部屋を一人で使用 45万8,400円 49万4,400円
延泊料金
クイーンズタウン
クライストチャーチ
オークランド
1万1,000円 1万4,000円

6名様以上のご参加でグループ割引いたします。

※年末年始特別料金について

下記日程にて参加される方はお一人様3万7,000円の追加となります。

  • 2018年12月25日(火)〜2019年1月2日(水)
  • 2018年12月26日(水)〜2019年1月3日(木)
  • 2018年12月27日(木)〜2019年1月4日(金)
  • 2018年12月28日(金)〜2019年1月5日(土)
  • 2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)
  • 2018年12月30日(日)〜2019年1月7日(月)
  • 2018年12月31日(月)〜2019年1月8日(火)

料金カレンダー


Included

    Not Included

      ご利用ホテル

      宿泊地 エコノミー スタンダード
      クイーンズタウン ベラビスタ メルキュール、ハートランド

      ※上記モーテルまたはホテルが満室の場合は同等クラスの宿泊先となります。

      ご持参いただくもの

      トレッキング装備品チェックリスト(Ultimate Hikes社)をご参照ください。

      よくあるご質問

      • ミルフォードトレッキングでは、私の体力で十分でしょうか?
      • トレッキングを楽しむためには、中サイズのバックパックに必需品を背負い、毎日約4~8時間、10~21キロの道のりを歩くので、それに見合った体力が必要です。他の参加者や一番早い人のペースに合わせる必要はまったくありませんので、ご自分のペースで歩くように心がけてください。ガイドの一人は常にグループのいちばん後ろにいます。トラックはなめらかな整備された道も あれば、岩や木の根がむきだしになったでこぼこの道もあります。くるぶしまでカバーする歩きやすいハイカットのトレッキング用ブーツ着用をお勧めします。毎日歩くことの少ない方は、出発の6~8週間前から少しずつ散歩など歩く練習をされることをお勧めします。バックパックを背負って階段や丘を登ったりすれば、なお一層その日のためのよい訓練となります。
      • ミルフォードトレッキングに参加する月はどんな天候でしょうか?
      • この地方の予測がつかない天候は、雪や雨が降ったり、強風が吹いたりすることが一年のうちのいつでもあり得るということを意味しています。ですから、最悪の状態を考慮に入れて準備をし、しかるべき衣類を常に携帯することがとても重要となります。
      • 現地でレンタルできるものは?
      • バックパック:防水カバー付き40リットルのものを無料で借りることができます。持参する場合は防水カバーをお忘れなく。
        レインコート:無料レンタル可能。ただし、ゴアテックスなどの通気性のあるものではないので、快適さを求めるなら持参されることをお勧めします。
        ベッドシーツ:無料で貸し出しています。個室部屋は不要。
        トレッキング用ポール:NZD$25ドル/本でレンタル可能。
        防水ビニール袋:一人2枚ずつ無料で支給されます。雨の多いところなのでこれとは別に各自用意されることをお勧めします。
      • 荷物はどのくらい重くなりますか?
      • いっぱいに入れると、5~7キロぐらいにはなります。
      • 歩行中は荷物は自分で持たなければなりませんか、それとも運ぶサービスがありますか?
      • ロッジからロッジまで、お客様ご自身でお持ちください。残念ながら運搬サービスはありません。
      • どんな衣類を持っていけばいいですか?
      • 歩行用 :
        トレッキング用ブーツ、ポリプロピレンの保温性に優れた下着(上下)、フリースの帽子、フリースのジャケット、手袋、歩行用のショートパンツ、靴下、天気のよい日用のTシャツなど。
        ロッジ滞在用 :
        シャツ、ズボン、下着(2組)、サンダルや軽めの靴、パジャマまたは就寝時に着るものなど。

      お問合せ・お申込み

      年末年始はかなり混み合いますので5~6月頃までにはご予約完了されることをお勧めします。

      お問い合わせからのご出発までの手順についてはこちらをご覧下さい。
      キャンセル料についてはこちらをご覧下さい。

      お問合せ

      お申し込みはこちらのボタンをクリックし、お申し込みフォームへ移動してください。 お申込み

      Request Info